コンタクトセンター・ルーティングにおけるベスト・プラクティス

企業のコンタクトセンターの多くは、いまだに旧式のキューベース・ルーティングを使い続けています。このことは、多くのコンタクトセンターが、まだ見ぬ潜在価値や大きなチャンスが目の前に控えていることを意味します。

実績のあるルーティング・ストラテジーのソリューションを導入することで、 主要なKPIに少しずつ改善の変化が見られるようになります。以下が、その実証例です。詳細は、当資料をダウンロードのうえ、内容をご確認ください。

  • FCR を20% 改善
  • 受電転送率を30% 改善
  • 平均処理時間を44秒 削減
  • 顧客満足度を10% 改善
  • エージェント稼動率を10% 向上
  • リアルタイム・レポートの作業負荷を50% 軽減