インテリジェントな音声アシスタントで、マーケティング、セールス、カスタマーサービスを改善しましょう

自動音声応答装置(IVR)を超える機能を持つ対話型の音声ボットは言語を理解し、お客様の言葉や問い合わせの理由を解釈することができます。

Chatbot

対話の自動化により高品質なサポートを広範囲に提供します

音声ボットをコールセンターに導入すれば、AIを活用したデジタルアシスタントが自然言語でお客様に対応してくれます。一般的な質問や問題については、お客様が自分で選択して進めることができます。
複雑な問題や人間の介入が必要な場合はエージェントに転送されます。エージェントには、それまでの経緯やボットとの対話で収集された詳細情報がすべて送られます。

音声ボットはクロスセルやアップセルなどの収益拡大の機会をもたらします。お客様の履歴や好みに応じて個々に提案を行うほか、迅速かつ正確な24時間対応が実現するため、カスタマーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。

コールセンターの初期対応にあたる音声ボット

Snap

即座に対応します

日常的な作業や反復作業にかかる負担を軽減して応答時間を短縮できます。24時間対応してくれる自動化されたエージェントによりアクセス性が向上するため、お客様には迅速で分かりやすいサポートを提供できます。

Optimize call scripting

個々のニーズに応じた対話

音声ボットはバックエンドシステムと接続されているため、顧客の情報をいくらでも参照することができます。顧客を個別に認識して履歴や好みを把握し、次の最善の対応を予測します。

Chat male

ボットの対応をバックアップします

ボットと人間が連携することにより最大の効果をもたらします。音声ボットは、顧客とその関連情報を必要なタイミングでエージェントに転送し、カスタマーサービスの向上につなげます。

お客様とのインタラクションをスムーズに進めるジェネシスの音声ボット

経験豊富なエージェントと強力なAIの能力を結び付けます。履歴や問い合わせの目的、予測される次のステップなどの情報はボットが収集し、エージェントのワークスペースに送られるため、これまで以上にスマートで迅速な対応を可能にします。

Apps

一度作成するだけでチャネル全体に展開が可能です

あらかじめ定義されたマイクロアプリを利用すれば、ボットの開発と展開を効率的に実行できます。これにより、請求書の支払いやアカウント管理などのタスクを処理できます。

必要なマイクロアプリを選んで音声ボットにドラッグ&ドロップするだけの簡単操作です。一度作成すればチャネル全体に展開できるので、一貫したカスタマーエクスペリエンスを提供でき、運用効率が向上します。

Ai brain

自社AIの活用

ジェネシスのネイティブAIのほか、Amazon Lex、Google DialogflowなどのサードパーティAIからお好きなAI環境を選択できます。また、インタラクションの種類によっては、これらを併用することもできます。

サードパーティのAIとコールセンターの自動化およびプレディクティブルーティングを組み合わせることにより、あらゆるビジネスニーズへの最適な対応が可能です。特定のベンダー、テクノロジーやエコシステムに縛られることはありません。

Graph line 2

最適なバランス

カスタマーエクスペリエンスを構築するのはボットだけではありません。複雑な問題やエージェントにエスカレーションが必要な問題も、音声ボットが対応してから、関連情報とともに最適なエージェントに転送します。

お客様は同じことを繰り返し話す必要がありません。リアルタイムで会話を分析する音声ボットが、エージェントのインタラクションをサポートします。

Deliver omnichannel customer journeys

簡単なセットアップ

基本的な音声ボットであれば簡単に導入できますが、優先順位やルーティングフロー、帳票処理、お客様の要件が異なる複数の部署に対話型の音声ボットを展開する場合は、複雑な作業になります。

すべてを連携させるためにはオーケストレーションが必要ですが、そのような管理はジェネシスが行うので、煩わしい作業をすることなく音声ボットを導入できます。

"お客様からの問い合わせ方法は変化しています。デジタルを活用し、目的のチャネルから時間や場所を選ばないサービスが望まれています。ジェネシスのAIを活用した、当社のAI環境、ボット、自動化の連携なしでは、このようなサービスは提供できないでしょう。"

パブロ・オイアルツン氏

カスタマーエクスペリエンス部門マネージャー

Entel

AIプラットフォームに依存しない、すぐに使える有用な音声ボット

Placeholder

対話型の音声ボットがカスタマージャーニーをフォローします

複数のチャネルで効果的な自然言語処理(NLP)を実現し、電話、Webチャットモバイルメッセージング、スマートスピーカーなどの多岐にわたるコミュニケーションを統合します。

お客様に最適なサービスを提供します

音声ボットの機能と優れたエージェントの対応を組み合わせることにより、お客様に適切なタイミングで適切なサービスを提供できます。

環境の新規構築は不要です

ジェネシスのオープンAIプラットフォームは、他社のAIプラットフォームと統合できるため、既存の投資を最大限に活用できます

Resources

音声ボットによりコールセンターのカスタマーサービスを向上させる4つの方法

音声ボットによりコールセンターのカスタマーサービスを向上させる4つの方法

ボットを1時間で構築する方法

ボットを1時間で構築する方法

音声ボットとチャットボットの開発

音声ボットとチャットボットの開発にあたり考慮すべき5つのこと

ジェネシスとGoogleが提携して開発したクラウド・コールセンターAI

ジェネシスとGoogle Cloudが構築するコールセンターAIの未来像

自然言語ボットがどのようにカスタマーエクスペリエンスを向上させるのかご覧ください

音声ボットとチャットボットがビジネスでどのように役立つかをデモでご紹介しています。保留にして音楽を流す時代は終わりました。24時間いつでも、ピーク時間の対応にも活用できるボットがお客様からのお問い合わせに対応し、AIが迅速かつスムーズにインタラクションを進めます

Genesys Chatライブアシスタンス
Close Widget

今日はどのようにお手伝いできますか?

Genesys Chatライブアシスタンス