強固な管理基盤上に構築

最新のクラウドアーキテクチャーを採用した、
次世代型コールセンターの Genesys CloudCX™プラットフォームは、
将来を念頭に置いて設計されています。

迅速な対応

企業は、オープンAPIベースのツールを使用して、急激な変化に対応することができます。

簡単に拡張

ニーズの変化に合わせ、プラットフォームに機能を追加できます。

イノベーションの活用

操作性に優れたAIイノベーションの数々を、すぐにご利用いただけます。

イノベーションの活用

AIを活用し、顧客サービスをカスタマイズすることが可能です。

未来のニーズにも対応
Genesys Cloud CX プラットフォーム。

Genesys Cloud CXは、安全性、信頼性、拡張性に優れ、確実で効率的な管理を可能にします。クラウドネイティブなアーキテクチャーにより、常に最新のクラウドテクノロジーを利用しながら開発・リリースすることが可能です。主要機能において、イノベーションをすぐに利用することが可能です。Genesys Cloud CXプラットフォームは、マイクロサービス、APIベースの開発手法、オープンデータ、AIを活用した次世代型クラウド・コールセンターです。

プラットフォームの詳細

下の図は、Genesys Cloud サービスの接続と各サービス間のデータ移動を示しています。

Cloud platform diagram v2 final

効率的な変更管理を可能にする、
マイクロサービス

マイクロサービスは、シンプルでステートレス、セキュアなコンポーネントです。
Genesys Cloud CXは、マイクロサービスベースの、機能と信頼性に優れた
変更管理プラットフォームです。
Genesys Cloud CXは数百のマイクロサービスで構成されており、
各マイクロサービスの個別機能はサービスグループに分類されます。

オンデマンドなスケーリング機能

Genesys Cloud CX が提供するサービスの多くは、Elastic Load Balancing(ELB、ALB、NLB)の際、自動スケーリンググループ(ASG)を使用します。Genesys Cloudはサービス固有のポリシーに従い、負荷を分散し、グループを監視します。しきい値を超過すると、ASGがリソースを自動的に追加・削除します。新しいサービスの多くは、サーバーレステクノロジーにより負荷の変化に瞬時に対応するため、サーバーを管理する必要がありません。

フェイルセーフ処理・テスト

すべての障害を食い止めることはできませんが、優れたソフトウェア開発手法は、障害対応も考慮しています。マイクロサービスアーキテクチャーとは、1つのマイクロサービスに障害が発生しても、別のマイクロサービスに影響を与えないことです。ジェネシスは障害回復パスのテスト・検証に、自動化されたカオステストファイヤードリルを採用しています。自動カオステストを1日に平均500回実施することで、障害を予測・回避して影響を最小限に抑えています。

障害回復の全過程に、高い信頼性を確保

いずれかのサーバーに障害が発生すると、関連するALB/ASGヘルスチェックにより異常なインスタンスを検出し、負荷分散装置から分離します。エラーが一時的なものでない場合、追加ポリシーにより自己修復動作がトリガーされます。エラーノードが停止し、全く新しいサーバーが作成、稼働します。トラフィックは維持されるため、利用者が気づく前に、Genesys Cloudプラットフォームを回復することができます。

継続的な修正・デプロイ

ジェネシスは常に本番環境のコードを見直しています。小さなバグでも、検出・デバッグ後に、影響を受けたサービスを新たにデプロイします。ジェネシスの分散型アーキテクチャーは、保守のためにシステム全体を停止することなく、ローリングアップデートのリリースが可能です。ロードバランシングやカナリアデプロイメントを使用することで、アップデート時の影響を回避します。

クラウドアプリケーションの接続に
オープンデータを利用

カスタムコードの作成時間を短縮し、エクスペリエンス構築に注力できます

ジェネシスは、Cloud Information Model(CIM)の作成にあたり、多くの企業と提携しました。Salesforce、Amazon Web Services(AWS)、Linux Foundation Joint Development Foundation(JDF)などです。CIMが目指したのは、
複数のクラウドプラットフォーム間におけるデータ接続を容易にするための共通規格です。

DFで定義されているオープン・データモデルでは、CIMにより、パートナーのアプリケーションやプラットフォーム間で相互運用、データ交換が可能になります。プロバイダーやご利用企業など、あらゆる企業がCIMに参加、貢献することができます。

企業は数日以内にCIMを採用し、拡張することが可能になります。データレイクの作成、分析の生成、機械学習モデルの
トレーニング、顧客の単一ビューの構築などを実現できます。

開発の効率化・簡易化にAPIを活用

APIを開発の起点とすることで、Genesys Cloud CXサービスのさまざまな機能は、再利用することが可能です。機能や規模を自由に拡張することができます。APIベースのアプローチを採用することにより、ジェネシスだけでなくご利用企業の開発者も、Genesys Cloud CXサービスを使用して、新しい機能をより迅速に、少ない工数で開発できるようになります。

AIによる自動化を追加可能

Genesys Cloud CXプラットフォームは、顧客と従業員のエクスペリエンス共通化や、オーケストレーション、最適化に、ネイティブとサードパーティーのAIテクノロジーを利用しています。リアルタイムデータ履歴データを統合し、結果の予測、インテリジェントな会話に利用することで、コスト削減業績向上に貢献します。

Genesys CloudCX の全範囲を探索する

Form envelope icon image

Genesys Cloud CXの
すべてをご覧ください

ご希望の方にはデモをご紹介いたします。Genesys Cloud CXの拡張性、柔軟性、セキュリティー機能が、企業の変化をどのように支援するのかご確認いただけます。

Genesys Cloud CXは、短時間の稼働、シンプルな管理が可能。既存のコールセンターを、1日でエクスペリエンスセンターに変えることができます。

ご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。

弊社担当より、折り返しスケジュール調整のご連絡をさせていただきます。

Genesys ChatQuick links
Close Widget

今日はどのようにお手伝いできますか?

Genesys Chatライブアシスタンス