カスタマーエクスペリエンスを友人との体験のように考えてみる