コンタクトセンターにおけるWatson技術の活用と将来像

「コグニティブ・ラーニング」で知られるワトソン(Watson)は、IBMが開発した質問応答システムで、自然言語を理解・学習し人間の意思決定を支援します。その用途は幅広く、現在さまざまな分野で連携し、活用され始めています。

ここでは、G-SummitTokyo2015のブレイクアウト・セッションでの講演資料をダウンロードいただけます。

 

目次

  1. IBM Watsonの概要と適用
  2. コンタクトセンターの課題とWatsonによる解決方法
  3. 日本および海外におけるIBM Watson導入事例
  4. Watsonとオムニチャネル連携による顧客体験の向上
  5. Watson技術を用いた顧客サービスの将来像
  6. Watsonプロジェクトの進め方

登録はこちら