バックオフィスのパフォーマンスを最大化! ~ 5つのステップで実現 ~

お客様との直接の接点となるコンタクトセンターでは、スタッフの生産性向上を支援するための情報やツールが用意されています。

しかしながら、バックオフィス(スタッフ部門)では、どうでしょうか?以下のような運営体制に一つでも当てはまる場合は、是非「バックオフィスのパフォーマンスを最大化!
~ 5 つのステップで実現 ~」をご一読ください。

  • 定型業務において、どのタスクをいつ、どのように作業するかにつき、スタッフ自身が考えて決めている。
  • マネージャーは必要とされるスキルやスケジュールの予測を立てると同時に、手動でタスクを割り当てる必要がある。
  • タスクの割り当て作業が、一日に何度も頻繁に発生する。
  • 優先処理すべきタスク処理が、後回しになりがちである。
  • サイロ化(断片化)されたシステムや、一部のスタッフへの業務負荷の偏りのため、全体的に業務がスムーズに回っていない。

登録はこちら