Article

ミレニアル世代を超えて:次世代消費者向けに銀行が準備すべきこと

2020年までに、CXはプロダクトと価格に先駆けて重要なブランド差別化要因になると予測されていると、調査会社フロスト・アンド・サリバン社は予測しています。ハイパーコネクトで、テクノロジーに精通し、テンポが早く、集中力に欠けた、ミレニアム世代は、とりわけ経験と「信頼性」を評価することで知られています。銀行や金融サービス(BFSI)機関では現在、彼らを更に効果的に扱う必要性を強調しています。ミレニアル世代やZ世代とエンゲージする組織では、モバイルアプリ、AIベースの仮想アシスタンス、チャットボット、セルフサービスブランチなどのデジタルテクノロジーへの進出が増えています。

本記事では以下をご紹介しております:

  • 次世代消費者とのエンゲージの将来性の理解
  • 企業がどうミレニアムとエンゲージし、次世代消費者に向けた準備のための5つの主要戦略
  • アジア太平洋地域において、現在の銀行や金融機関の取り組みに関する業界の洞察

ダウンロードはこちら