5年後のカスタマーサービス・プラン作りのヒント(英語版)

カスタマーサービス・ソリューションの責任者および担当者にとって、この1~2年が、次期システム選定のプラン作成の最適なタイミングといえます。

成熟化した現代では、顧客の奪い合いが加速化し、差別化を図るために多くの企業は顧客志向になっています。そのため、いかに早い段階でAIやIoT(モノのインターネット)などのテクノロジーに基づいた顧客ニーズやCXで求められるサービスをとらえ、戦略、プラン策定をするかが、勝敗の分かれ目になってきます。

2021年頃にはIoTによって、大半の企業の事業収益構造が、「製品」から「サービス」にシフトすることは明らかです。変化する未来を漠然と待つのではなく、今日から事業の収益転換を見据えたシステムの在り方を考える必要があります。

レポートでは、オムニチャネル・エンゲージメントセンター・ソリューションの投資対効果の評価方法について説明しています。また、以下を実現するための方法についてもご説明します。

  • 2021年に求められているCX/サービスとは?
  •  5つのテクノロジーが良質で利便性の高いカスタマーサービスを実現
  •  上記の調査レポートは、当ページからカンタンにダウンロードいただけます。

ダウンロード