カスタマーエクスペリエンス(CX)プラットフォームに必要な5 つの機能

~ コールセンターからコンタクトセンター、そして次世代のCX プラットフォームの時代へ ~

今日多くのコンタクトセンターでは、音声、チャット、電子メール、Web、モバイル、ソーシャルなどのチャネルを個々に実装、運用しており、顧客インタラクションが別々に管理されています。しかしながらこのような断片的なアプローチでは、顧客は異なるチャネルごとに何度も同じ情報を繰り返し伝えることを余儀なくされるため、顧客の不満が募り、ひいては販売機会の損失や業務効率の低下につながってしまいかねません。

デジタル化の波が押し寄せ、顧客の需要が目まぐるしく変化するこの時代に、適切な技術を選び顧客エンゲージメントを設計した上で柔軟な運用をしていくことが、顧客の期待に応えながら、市場ニーズに対応することにつながります。

[ 目次 ]

  1. カスタマーエクスペリエンス・リーダーとして
  2. ワークフォース最適化ソリューション
  3. パーソナライズされたオムニチャネル・ジャーニーへ
  4. チャネル全体におけるSLA 遵守
  5. ニーズに応じた、柔軟な導入

登録はこちら