コンタクトセンター ・インフラストラクチャ(CCI)で求められる機能

コンタクトセンターのITインフラストラクチャを評価するには、複雑な技術要件を考慮しなければなりません。最近では、オムニチャネル、高可用性やカスタマーエンゲージメント・センター (CEC) への統合など、選定を難しくする要素が増加しています。当「ガートナー調査レポート(英語版)」のサマリは以下のとおりです。是非ご一読ください。

  • ガートナーによるコンタクトセンター・インフラストラクチャ評価のための9つの要件
  • CCIを選定した3つの企業におけるユースケース。具体的には、マルチチャネル・コンパクト・スイート、大量の呼量が発生するコールセンター、カスタマーエンゲージメント・センターを紹介。
  • 3つのユースケースにおける、トップ・ベンダーの9つの要件のスコア

当レポートは、250席から5,000席強の中・大規模サイズの企業でオンプレミス環境のセンターシステムを運用中のかたに、最適な内容となっています。また、既存のベンダーシステムを利用しながら、クラウドサービスに転換を図りつつある組織に参考になるクラウド機能の実例も掲載しています。競争力のあるオムニチャネル・顧客サービス対応のコンタクトセンター・プラットフォームの評価、考察に興味をお持ちであれば、当レポートはきっとお役に立てます。

レポートを入手する