統合したデスクトップ画面で顧客対応に必要なコンテキスト情報を提供

すべてのチャネルにおける顧客対応に必要な顧客のあらゆるコンテキスト情報や知識を1つのオムニチャネル・デスクトップからチームに提供することが可能です。作業効率を高めながら、すべての従業員がエキスパートとして、パーソナライズされたカスタマーサービスを提供できるようになります。

チャネル間およびジャーニー内の個々のカスタマーインタラクションを結合

これまで断片化されていた情報を集約して、価値のあるインサイトに作り変えます。顧客が望むものを、すばやく正確に提供できるようになります。

オムニチャネルの作業を効率化

1つのデスクトップ画面から、電話、Eメール、チャット、Web画面共有、Web上の行動履歴閲覧など、オムニチャネルのさまざまな機能にアクセスできるため、エージェントの生産性が向上します。従業員はあらゆる局面で企業の総責任者としての対応ができるようになり、シームレスかつ包括的なカスタマージャーニーが実現します。

エージェントナレッジとスクリプト機能の活用

従業員が顧客とやり取りする際に、顧客対応に役立つ情報が提供されるため、サービスの品質が向上し、コンプライアンスが確保され、ビジネス上の目標の達成が可能になります。

作業アイテムの効率的な配布

作業の優先順位とコンテキスト情報を分析し、適切な作業アイテムを適切なタイミングでそれを必要とするエージェントに配布するビジネスルールを適用します。このルールによって、フロントオフィスとバックオフィスのワークフォースの効率が最適化されます。