適切なチャネルから適切なタイミングで顧客と接触

情報の提供や更新を顧客から求められるのではなく、顧客が望むチャネルからパーソナライズされたコミュニケーション手段でタイムリーに顧客に働きかる事が顧客ロイヤリティに直結します。これにより、収益力が高まるとともに、コンプライアンスの維持が可能になり、顧客満足度も向上します。

カスタマーサービスの品質とビジネスの成果の向上

企業から能動的に顧客に接触し、エンゲージできれば、顧客の望む形でロイヤリティを高めることができます。カスタマーエクスペリエンスを損なわず、エージェントの生産性を最大限に高め、コンプライアンスを簡素化しながら、ビジネス上の目標を達成することが可能になります。

最新の情報の発信

統合されたオプトイン・プログラムを用い、IVRコールやエージェントコール、テキストメッセージ、メールなど、顧客の望むチャネルを通じて、パーソナライズされた手段でタイムリーに、アラートや通知、確認、リマインダーを顧客に発信します。これにより、顧客が情報を収集する際の手間を省くことができます。

顧客インタラクションの効率的な管理

インバウンド・コールと、IVRやプレディクティブによるアウトバウンドコールと組み合わせ、顧客に自動通知することで、インバウンド・コールを減らし、エージェントの作業負荷が軽減。中身のある顧客との会話だけを増やすことができます。

アウトバウンドプログラムの実行 

自動化とエージェントによるアウトバウンドコールをスケジューリングします。また、必要に応じてチャネル間でのエスカレーションを行います。これにより、決済や売掛金回収のプログラムに関するコンプライアンス要件を満たすことができるようになります。