あらゆる顧客に最適なエクスペリエンスを提供

セルフサービスで解決できない問題が発生した際に、顧客はコールセンターに問い合わせします。ジェネシスのソリューションは、状況に応じて個々の顧客のニーズを予想することで、顧客と、社内のチームの労力が軽減されます。つまり、問い合わせてきたそれぞれの顧客に最もふさわしいエージェントが自動的に割り当てられるのです。その結果、ロイヤリティの構築につなげます。

時代遅れのエンゲージメント手法からの移行

ハードウェア・ベースのコールセンター・システムから切り替え、音声をデジタル・チャネル戦略に統合します。複雑かつ非効率で、コストもかかり俊敏性に欠けるテクノロジー

からの切り替え時期に差し掛かっています。リプレースには、コンタクトセンターを仮想化し、エージェント同士のコラボレーションを可能にして、オムニチャネル・エンゲージメントに対応する準備を整えることが重要です。

カスタマーエクスペリエンスを企業優位性に

顧客を把握することで、顧客とのインタラクションを状況に応じてパーソナライズすることができます。さらに、顧客からの問い合わせに最適なエージェントを自動で割り当てることで、常に最高のカスタマーエクスペリエンスを提供することが可能です。

ハードウェア・ベースの音声テクノロジーのリプレース

まもなく販売終了が予想されるハードウェア・ベースのPBX/ACDシステムを、最新のSIPベースソリューションへと移行します。オムニチャネルサービスに最適な将来にわたって利用できる基盤を確保できます。

顧客対応を効率的に管理

コンタクトセンターの業務を仮想化して、グローバルレベルでエージェントの稼動率を高めます。また、状況の変化に動的に対応できるよう、常に作業の負荷分散を行って、目的の達成に向けた最適化を実現します。