すべての顧客インタラクションを価値あるものに

今やカスタマージャーニーは、IVRやWebチャット、ソーシャルメディアなど、多数のコミュニケーション・チャネルで発生します。サポートを必要とするチャネルとセルフサービスのチャネルの両者で顧客との良好な関係を築き、それを維持することが、ビジネスの成功には欠かせません。優れたカスタマーエクスペリエンスを提供するには、ライフサイクル全体にわたり、すべてのチャネルとタッチポイントで、顧客エンゲージメントをプロアクティブかつパーソナライズされたシームレスなものとする必要があります。

シームレスなチャネル遷移をサポート

サポートが必要なチャネルとセルフサービスのチャネルを簡単に切り替えられるオムニチャネル・カスタマーサービスを提供。どんなに複雑なジャーニーでもコンテキストが継続的に保持されるため、サービスをパーソナライズして、顧客満足度を向上させるとともに、顧客との関係を長く維持することができます。

質の高いカスタマージャーニーの設計と管理

すべての顧客の意図や嗜好、過去の対応履歴を把握し、音声とデジタルのあらゆるチャネルにおいて次善のアクションを決定できます。さらに、サポートを必要とするチャネルとセルフサービスのチャネル、インバウンドとアウトバウンドのインタラクション、および作業項目を統合して、カスタマージャーニーのあらゆる局面で、コンテキストを十分に考慮したインサイトを提供します。

パーソナライズされたセルサービスエクスペリエンスの実現

顧客はセルフサービスのインタラクションを利用できます。シンプルかつ効率的で利用時間やチャネルを選びません。定常的な処理や顧客とのやり取りは自動化されており、CRMなどのバックエンドシステムから得られる顧客情報を利用してサービスをパーソナライズすることもできます。チャネル間でコンテキストが共有されるので、顧客との会話は常にシームレスかつパーソナライズされたものとなります。