ドラッグ&ドロップで利用できるシンプルなデザインツールの活用

ビジネスルール、ワークフロー、エージェントの割り当てなど、企業戦略に沿った各種ルールを、複数のチャネルで再定義して、顧客エンゲージメントの質を高めます。また、継続的な改善作業を可能にし、直観的に操作できるデザインツールをビジネスユーザーに提供します。 

ビジネスユーザーによる、カスタマージャーニーのデザインと改善

専門的な技術の知識がなくても、ビジネスユーザーが顧客エンゲージメント戦略の立案、展開、管理、最適化を繰り返し行うことができます。

セルフサービスとサポートが必要なサービスの管理を統合

エンドツーエンドの可視性を提供するカスタムのサービスアプリケーションを作成するとともに、セルフサービスアプリケーションの設計と最適化の手法を簡素化します。 

カスタマーエクスペリエンスの継続的な向上

統合されたレポート機能やアナリティクスを活用して、顧客インタラクションのパターンの変化を捉え、改善の余地がないか確認します。改善の適用は簡単です。

既存システムの活用

フロントオフィスとバックオフィスの主要なアプリケーションを統合して、エンゲージメントをパーソナライズします。初回のコンタクトにおいて、シンプルかつ信頼性の高い方法ですばやく、顧客を最適なエージェントとつなげることができます。

複数サイトのコンタクトセンターの運用を一元管理

複数のサイトにわたってアプリケーションを一元的に構成および展開します。また、これらの環境で共通の標準構成を作成します。これによって作業ミスを回避できるようになり、複数サイトで同時にシステムを稼動させる場合に必要な作業時間やリソースを最小限に抑えることができます。グローバルな展開環境の管理やリソースのプロビジョニング、アプリケーションの監視を効率化することも可能になります。

運用の簡素化

ITリソースの地域差によって生じるコストを軽減するほか、導入期間を短縮し、Webベースの統合管理アプリケーションで会社全体の環境を監視します。

管理機能の統合  

すべてのアプリケーションを一元的に展開、プロビジョニング、構成、監視できる管理コンソールを使用して、コンタクトセンターの効率的な運用を維持します。

ノンストップのサービス提供

重要な業務のサービスを24時間365日無停止で運用することができます。単一障害点も完全に排除します。自然災害の発生時やネットワーク障害時でも運用を継続できます。

災害復旧でリモートロケーションを保護

ローカルサイトとリモートサイト間で自動的にフェイルオーバーを行い、運用の継続を確保します。重要なビジネス機能がトラブルの影響を受けることがなくなり安心です。