Back

コンタクトセンターにおけるキューベース・ルーティングの課題

コンタクトセンターにおけるキューベース・ルーティングの課題

デジタル時代のいま、顧客は今まで以上に選択肢が増えると同時に、製品やサービスに高い期待を抱くようになりました。そのため企業は、顧客体験(CX)を最適化することにより、競争上の優位性を維持することが不可欠になってきています。これは、すべてのカスタマージャーニー、チャネル、およびインタラクションにおいて、ますます一貫性のある、シームレスなパーソナライゼーションの提供の必要性を意味し、それらの実現のために適切なルーティング機能が求められています。

詳細は、当ホワイトペーパーをご一読ください。

[目次]

  • サマリ:顧客体験(CX)におけるルーティングの重要性
  • 現状調査
  • 運用の非効率性
  • 顧客エンゲージメントのパーソナライゼーションへの障壁
  • 十分とは言えない洞察力
  • 急速なデジタル化の普及が抱える多くの問題
  • オーケストレイティッド・ルーティングでコンタクトセンターを近代化
  • シームレスな、パーソナライズ化したカスタマージャーニーの設計
  • 従業員の士気を高め、戦力化する
  • ビジネスの成功を推し進める
  • 付録
登録はこちら